わたしラクnavi | 自分の心を理解しようよ !

menu

わたしラクnavi

TAG出会い

あなたはすでにソウルメイトに出会っています

ソウルメイトという言葉が流行りだしたのはおよそ30年前、ワイス博士の「魂の伴侶」という本が世に出たころでした。 この本では、前世からの愛惜の念によって今世ふたたび出会う人々を、ソウルメイトと定義しているわけです。胸がキュンとする、相思相愛・ラブロマンス的な出会いを想像しますよね。 一方で、ソウルメイトとは「前世で影響を及ぼし合った魂グループ」と考える人もいて、私もこちらの広義的解釈に賛成します。占星術でホロスコープを見てみると、ロマンスだけに限定されない魂の痕跡が見られるからです。 前世から引きずる思いは、愛惜だけでなく、迷惑をかけた後悔とか、恨みとか、支配欲とか、まあいろいろあるわけです。それらが引き寄せあって今世出会った人々の中で、恋愛に発展することもあるし、仕事仲間、友人、家族関係になっていくのです。ソウルメイトだからといって、必ずしもロマンスや癒しがデフォルトなわけではありません。 そういう意味では、私たちのまわりに存在する人々は、みんなソウルメイトなのです。この記事では、ソウルメイトの中でも恋愛に発展するパターンについて、解説していきたいと思います。 ためしに職場の同僚数人のホロスコープを調べたところ、見事に皆さん私のソウルメイトなんですね。 彼らは単に仕事上のつながりだけで、特別親しいわけではありません。そんな表面的な関係でも、前世からの縁がつながっていて、おもしろいなと思います。 ホロスコープのどこを見るかというと、ドラゴンヘッドという感受点です。ふたりのホロスコープを重ねて、お互いのドラゴンヘッドと他の感受点や天体との角度を見るのです。

どんな出会いにも意味があることに気づくと、人生が広がるというお話

出会いというと恋愛を連想しますが、職場で出会う同僚や上司、学校で出会う先生や友人なども含めて、人生いろいろな出会いがあります。両親だって、人生で初めて出会う人、とも言えますね。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930